応援うちわを作るときに注意しないといけないこと

コンサート用で応援うちわを作るときに注意しないといけないことは、そのうちわのサイズがコンサート主催者のルールを守っているかどうかということ。

外形寸法は飾りをいれた寸法となるので、うちわのサイズを守るだけでなくリボンやフリルなどもうちわの寸法から飛び出さないようにするのが基本です。

ルールに厳しいコンサート会場では入場前にうちわのサイズを計測されたり、入場チェックで引っかからなくても問題があれば、コンサート中でも一時預かりになる場合があります。

せっかく好きなアーティストの応援のためのうちわなのですから、トラブルがないようにしっかりとルールを守りたいものです。

うちわが目立つように使える蛍光テープや、ハートやキスマークなどの切り抜き用テンプレートなどは、いまでは応援うちわ用グッズとして簡単にうちわ株式会社等のネットショップで手に入れることが出来ます。